女性の年齢別で見る転職のポイント

2017年11月01日 08:22

一口に女性の転職とは言っても、実際は女性の年齢によって転職の難易度や採用の際に重視される点は異なることは事実です。

そこでこのページでは、女性の年代別に転職活動において注意すべきポイントをご紹介していきます。

20代女性の転職ポイントとは?


20代の転職においては年齢がネックで不採用になるということは少ないと思いますが、まだ若いからと安心して未経験の業界や職種に応募した場合、必ずしも採用されるとは限らないことに注意しましょう。
志望業界によっては若いだけでは採用されなかったり、若い人で資格・スキルのある人材を求めている企業も多くあります

また、同じ20代でも一般的に20代前半と20代後半とでは後者の方が転職の難易度は上がる点にも注意しましょう
21歳の未経験と28歳の未経験では、与える印象は異なります。

また、
「志望している業界にそもそも正社員の求人が少なかった」
「関連する資格・スキルがなく、応募条件が満たせていないため応募ができない」
ということのないように、あらかじめ志望業界に求められているスキルなどを習得してから転職活動を行いましょう。

20代女性が転職の際に気をつけるべきポイントをまとめると、

  • ・若いからというだけで未経験では採用されない業界もある
  • ・今のうちに最終的に自分がどうなっていたいかゴールを明確にする
  • ・ゴールに向けて、何年後にはどうなっていたいかプランを考える
  • ・そのために今は何をすべきか、どんな職場へ転職すればいいか考える

ということになります。

30代女性の転職ポイントとは?


30代といえば、職場でバリバリ実務をこなす企業の中核となる年代です。
20代の転職者であれば、未経験でもやる気や意欲で企業から採用がもらえる可能性は大いにありますが、30代となると話は変わってきます。

一般的に、企業は30代の転職者に対し、

  • ・マネジメント経験の有無
  • ・即戦力になる人材かどうか

などを採用の基準にしています。

30代ともなれば、職場で後輩の教育に携わった経験など、なにかしらの人をまとめた経験があるかと思います。
そういった経験に加えて、実務で習得したスキルなど志望する企業に貢献できることを強くアピールしましょう

また、転職先で自分が今後どのように成長していきたいのかも相手に伝えられるようにしましょう。
将来のビジョンを持っていることをアピールすることは大切です。

また、現在の職場で退職を思い留まらせようとされたり、業務の引き継ぎ作業がなかなか上手く進まないことなどはつきものです。
だからといって、だらだらと周りに流され転職自体をあきらめてしまったり、転職活動のスタートが大幅に遅れてしまったということのないようにしましょう。
退職日の決定や、それに向けた引き継ぎ作業などの調整など、スムーズに転職活動ができるよう準備はしっかりとしておきましょう

30代女性が転職の際に気をつけるべきポイントをまとめると、

  • ・30代の転職はやる気アピールは採用につながらない
  • ・マネジメント経験の有無を見られている
  • ・退職日決定や引き継ぎ作業などの準備はしっかり

ということになります。