転職に成功しやすい女性は言葉遣いや身だしなみに気を配っている

2017年08月01日 14:28

女性の転職を成功させるために、必ず突破しなければならないのが面接です。
面接時では基本的なビジネスマナーが身についているかが問われますし、身なりや服装で一般常識をどれだけわきまえているかも分かります。

転職成功のためには何が何でも合格したい面接で、是非気をつけたい点をまとめていますのでご参考にしてください。

言葉遣いが悪いとマイナスイメージがつく


面接時には志望者の様々な面がチェックされていますが、社会人として会社の中で働くとなると重視されるのが言葉遣いです。
とくに事務職・営業職の方は電話対応や来客者対応をしなければならないので厳しくチェックされます。

敬語や謙遜語、とくに敬語がきちんと使えているかを面接で審査されますし、面接室にちゃんとノックして入れるかどうか、挨拶はきちんと出来るかどうかも重要です
基本的なビジネスマナーが身に付いているかどうかも面接の場で問われます。

正確で完璧な敬語を使いこなすのはなかなか難しいものですが、それでも基本的な尊敬語や丁寧語は使えるように事前に練習しておきましょう
面接官の話しを聞いて「了解しました」「分かりました」と面接官に言うのではなく「承知しました」とサラリと言える方が印象が良くなります。

「ありがとうございます」「あざーす」と言うようでは論外です。
面接と言えども日頃の言葉遣いが出てしまうものなので、本番に向けて言葉遣いの練習をしておくと良いです。

身だしなみにも気をつける


面接では身だしなみのチェックもされます。
ボサボサのひっつめ髪で面接に行くようでは印象はかなり悪くなりますので、事前にヘアカットしてもらうなど最低限の身だしなみは必要です。

面接時の服装もTシャツやGパンでは常識を疑われてしまいます。
近所のコンビニに行くわけではないので、公的な場に出ても恥ずかしくない服装を心がけましょう。
女性の転職活動の場合は紺やベージュなどのスーツで臨むのが理想的です

会社によっては私服で面接可能なところもありますので、そのケースでもある程度受け入れられる服装を
調理やホールスタッフなど食に関する仕事は派手なマニキュアやネイルアートは厳禁です。
それだけで不合格になってしまうかもしれません。

メールや電話のマナーもチェックされている


面接を希望する会社に問い合わせを行う際も、志望者の言動やメールの内容はチェックされています。

メールとはいえ、会社宛てに送る文書ですのでいい加減な書き方では失礼です。
時候の挨拶や結びの言葉などもしっかり書き込みましょう

電話も声が小さく挨拶もしっかり出来ないようでは印象が悪くなります。
緊張してうまく話せない方は、事前に要件をまとめて電話すると良いです